バニーグラスへのコメント

まず初めに、バニーグラスはかなり賛否両論ある病院です。

飼育している動物(家族)に愛情の無い、又は治療する気のない人はバニーグラスを利用しないで下さい。

代わりに、なんとしても動物(家族)を助けたい、病気が早く良くなってほしいと切に願う方は、一刻も早く予約を取って来院しましょう。



バニーグラス歴6年です。

昔からかなり賛否両論のある病院ですが、これには理由がありますので、以下に当てはまる方はバニーグラスを利用しないほうが良いです(予約が空くので助かります)。

①明確でスピーディな診察をし、さらに的確な診療を施して頂けるバニーグラスの先生方の多くは、そりゃもうハッキリと動物(家族)の状態を飼い主さんの言います。特に院長先生はズバッと言います。聞く人によっては横柄で乱暴な言い方と捉える人もいるので、これに対して怒りを覚える人が多いようです。勘違いして頂きたくないのは、これはあくまで院長先生の動物に対する愛情からくるものです。一番重要なのは飼い主の気持ちではなく、動物(家族)に対する適切な処置ですよね?そこを履き違える勘違い飼い主さんが非常に多いです。そう、受け付けでクレーマーのように騒いでるアナタですよ?

②バニーグラスの先生方は、耳年増の勘違いなんちゃって動物もの知り飼い主さんが大嫌いなんだそうです。よく診察室から大声で怒鳴っている人の声を聴いていると「Webにはこう書いてあった!」、「〇〇の本には載ってなかった!」、「どこそこの先生はあー言っていた!」などなど。本物の医師を目の前にしてなにをバカな事言ってるのかと…。こういうタイプの飼い主さんは決まって「適切な処置をしてもらえなかった!」、「他の病院に行ったらテキスト通りの処置をしてくれた!」などと戯言を書き込みます。

③動物の診療、治療は基本的に人間のそれとは飛び抜けて高額になる場合が多いです。100歩譲ってそれを知らずに来院して、治療費を聞いた途端に「拝金主義のヤブ医者だ!」とわめき出す人がいます。ここの口コミにも数名いらっしゃいますね(笑)又、「必要のない治療をされた!」ととち狂った意見を吐く人もいます。まず「お金と動物(家族)の命とどちらが大切なんですか?」と。「そもそも貴方はなぜ病院に駆け込んだのですか?命とお金を物差しで測りに来たんですか?と。そもそも『必要な治療』とは一体なんでしょう?本当に『必要な治療』が分かっているならご自分で治療なさったら如何ですかね?これを人間にあてはめるなら、大学病院に咳がヒドイからと来院→咳止めを出される→2週間経っても咳が収まらない→また薬を貰う→2か月経ってもまだ咳が続く→3か月目に黄疸が出たので血液検査をすると癌が見付かる→「ヤブ医者だ!ヤブ医者だ!」と騒ぐ。こんな感じですよ?あと、バニーグラスの治療費は他の動物病院と比べてかなり安いですので、嫌ならどうぞ他の病院へ行ってください。



おおざっぱに、クレーマー紛いの人たちを上記3パターンに分けてみました。

こういった方々は漫画『ブラックジャック』でも読んでみたら良いと思います。

医師の皆さんがどれだけの想いで患者さんを救おうとしているか。

その為にどれだけの時間を労力を費やして患者さんと向き合っているのか。

ここでさも『お客様』のようにふんぞり返って勘違いされている方々は恥ずかしくないんですかね?

投稿者:名無しさん 投稿日2018-08-16 14:20:33)

バニーグラス

この口コミは、バニーグラスへの投稿です。

住所:東京都 葛飾区柴又4-9-5